横浜日吉健診センター MEDOC 健診結果の見方

横浜日吉健診センター MEDOC
健診結果の見方


医療法人 健水会  内藤外科胃腸科  介護老人保健施設 あすなろ  居宅介護支援事業所 ケアマネステーションあすなろ
訪問看護ステーション あすなろ
センター長挨拶  スタッフ紹介  プライバシーポリシー  免責事項  お問い合わせ  交通アクセス  サイトマップ  リンク

 TOP>健診結果の見方
 
 健診をご希望の方へ
 
 健診までの流れ
 
 MEDOCの担当医師
 
 企業健診
 
 特定健診
 
 生活習慣病健診
 
 乳がん健診
 
 子宮がん検診
 
 人間ドック
 
 レディースドック
 
 脳ドック
 
 ミニ人間ドック
 
  CTスキャンドック
 
 その他の健診
 
 胃 内視鏡検査
 
 オプション検査
 
 腫瘍マーカー
 
 健診コース/料金
 
 横浜市のがん検診
 
 ご予約
 
 健診前の注意事項
 
 MEDOCの検査設備
 
 検査結果の見方
 
 検査基準数値と解説
 
 採用情報
 
 スタッフBlog
 
 お客様の声
 
 
横浜日吉健診センター MEDOC
◆健診/人間ドックの検査について◆
検査が終わり検査結果がお手元に届いた時、
誰もが感じる事として各種検査項目の目的や見方が専門用語だらけで
よくわからないといったことがございます。
ここでは各種の検査の目的や見方などをわかりやすくご説明させていただきます。
 
検査基準数値に関しては下記のページをご参照ください
検査基準数値と解説
 
◆健診/人間ドック関連用語の解説◆
 

【血液一般検査】 ※血液検査
健康診断や人間ドッグでは必ず行われる検査のひとつ。
赤血球数、ヘモグロビンなどを調べる最も基本的な健康状態をチェックする検査。

【血液生化学検査】 ※血液検査
血液の中でも血清といわれる液体部分を生化学的に分析する検査のことで、
肝臓や腎臓など内臓系の異常をチェックする為に行う。

【免疫・血清学的検査】 ※血液検査
抗体の有無や量を調べる検査で、主に病気の感染を調べる為に使用される検査。

【CT検査】
※MEDOCでは、消化器検査、脳、肺など部分的な部位にて実施

Conputed Tomography(コンピューター断層撮影)の略で、X線を使って身体の断面を撮影する検査。
体内の様々な病巣を発見することができ、特に心臓、大動脈、気管支・肺などの胸部、肝臓、
腎臓などの腹部の病変の発見に効果的である。

【腫瘍マーカー】
※代表的なものはCEA、CA−125、CA−19−9、PSAなど

腫瘍マーカーとは腫瘍ができると体内に増える特別なたんぱく質や酵素、ホルモンなどの総称で、
癌細胞の目印になるとされているもの。
それを検出するのが腫瘍マーカー検査で、血液や組織、排泄物(尿、便)などから検査し、
腫瘍の発生やその種類、進行度などを判断する手がかりになる。

【PSP検査】
PSP排泄試験とも言い腎臓の排泄機能を調べる検査。
PSP(フェノール・スルホ・フタレイン)という赤い色素を飲み、尿中にどのくらい色素が排出されているかで
排泄機能を調べる。
腎炎、ネフローゼ症候群、うっ血腎、水腎症などの検査に用いられる。

【骨密度検査】
骨量検査とも呼ばれ、骨の密度から骨粗しょう症のリスクを調べることができる。
かかとを測定器の上において骨密度(骨量)を測定する超音波法が一般的。
70%以下で骨粗しょう症とされる。

【喀痰(カクタン)細胞診検査】
痰を調べる喀痰検査で、肺がんなどのがん細胞の有無を調べる検査。

【甲状腺刺激ホルモン(TSH)検査】
甲状腺ホルモンの分泌を促進するホルモンを調べ、
分泌機能に異常がないか調べる。
基準値より高い場合は甲状腺機能低下症など、低い場合はバセドウ病などの
甲状腺機能亢進症の疑いがある。

【眼底検査】
眼底カメラや眼底鏡を使い、目の奥を観察して、視神経に異常がないか検査する。
動脈硬化症、高血圧症、くも膜下出血などが分かる。

【BMI】 ※一般的には体脂肪
Body Mass Index(ボディ・マス・インデックス)の略。
肥満度を表す指数で、体重(kg)÷身長の二乗(m)で算出される。
BMI22が標準体重、BMIが25以上の場合が肥満、
BMIが18.5未満が痩せ気味とされる。

【メタボリックシンドローム(俗にいうメタボ)】 ※メタボ健診=特定健診
内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか
2つ以上をあわせもった状態を指し、内臓脂肪症候群ともいう。
内臓脂肪が過剰にたまっていると、糖尿病や高血圧症、
高脂血症といった生活習慣病を併発しやすくなる。

【トリグリセリド(TGまたはTAGと呼ぶ)】
中性脂肪のことで体内でエネルギーを作り出す重要な物質だが、
多すぎると動脈硬化などの原因となる。

【血糖】
血液中の糖分のこと。糖尿病を調べる上で、重要な検査項目。

【HbA1c】
(ヘモグロビン・エィワンシーまたはエッチビー・エーワンシーと呼ばれる)
高血糖状態が長期間続くと、血管内の余分なブドウ糖は体内の蛋白と結合します。
この際、赤血球の蛋白であるヘモグロビン(Hb)とブドウ糖が結合したものが
グリコヘモグロビンです。
このグリコヘモグロビンには何種類かあり、糖尿病と密接な関係を有するものが、
HbA1c(ヘモグロビン・エィワンシー)です。
糖尿病患者が血糖値をコントロールできているか確認するとき検査されます。
正常値は、4.3〜5.8%で、6.5%以上であればほぼ糖尿病と判断して
良いことになっています。
※平成24年度に関して、MEDOCではHbA1c(JDS)で結果を表記いたします。

【フィブリノゲン】
血液を凝固させるために必要な因子の一つ。
特に血栓症や感染症、急性心筋梗塞、肝機能障害などを調べるときに行われる。
基準値:200〜400mg/dl

【リウマドイド因子(RF)】
※一般的にはあまり耳にしない検査項目

自己抗体の一種で、慢性関節リウマチを診断するときに調べられる。

【CRP】
C-反応性蛋白とも言われ、体内で炎症や組織の破壊があると
血液中にCRPが増加する。
基準値より高いと、リウマチやウイルス感染症、悪性腫瘍、急性心筋梗塞、
肺梗塞などの疑いがある。

【HIV抗体】
エイズ(後天性免疫不全症候群)を調べるための検査。
HIVとはヒト免疫不全ウイルスのことで、体内でHIV抗体が作られているかどうかで
エイズに感染の有無がわかる。

【尿タンパク】 ※尿検査項目
尿中に含まれているタンパク質のこと。腎臓や尿路の異常を調べる。

【尿糖】 ※尿検査項目
尿中に含まれている糖質のこと。
尿糖検査で陽性の場合は主に糖尿病の疑いがある。

【尿沈査】
尿中の細胞や細菌を顕微鏡で調べ、個数を数える検査。
特に血尿を診断する場合に行われる。

【便潜血検査(1回法と2回法がある)】
便中に血液が混じっていないかどうか調べる検査。
小腸や大腸などの消化器系の異常を調べる場合に行われる。

【HBs抗原抗体】
B型肝炎ウイルスが肝細胞に感染すると作り出される
HBs抗原・HBs抗体を調べる検査。
B型肝炎ウイルスに感染しているか測定することができる。

 
◆人間ドックで検査される主な項目◆
 

【身体計測・体脂肪率・肥満度・BMI】
身長・体重の他に、体脂肪率や肥満度を計測します。

【尿検査】
糖尿病、腎臓・尿管・膀胱の疾患などをチェックします。

【血液検査】
血液学的検査、生化学的検査、血清学的検査と、通常の健康診断より細かい項目迄行います。

【胸部X線検査】
肺結核、肺がん、その他胸部疾患、心臓、大動脈の状態などをチェックします。

【消化器系X線検査】
バリウムを飲み、食道、胃、十二指腸を造影します。
最近では、X線の代わりにCT検査を行うところが増えて来ています。

【心電図検査】
心筋梗塞の既往、狭心症、心肥大、心筋障害、不整脈などをチェックします。

【血圧検査】
動脈硬化症、脳卒中などをチェックします。

【視力検査・眼底検査・眼圧検査】
視力のチェックや緑内障の診断を行い、眼底網膜を観察して循環器系や糖尿病も検査します。

【超音波検査(エコー)】
肝臓、胆嚢、腎臓、脾臓を観察し、人胆石、腎結石、ガンなどが無いか検査します。

【聴力検査】
聴力レベルを測定し、難聴などを診断します。

【肺機能検査】
肺活量などを測定して、肺機能を検査します。

 
 
Copyright (c) 2011- 横浜日吉健診センター MEDOC, All Rights Reserved.