横浜日吉健診センター MEDOC 特定健診

横浜日吉健診センター MEDOC
特定健診


医療法人 健水会  内藤外科胃腸科  介護老人保健施設 あすなろ  居宅介護支援事業所 ケアマネステーションあすなろ
訪問看護ステーション あすなろ
センター長挨拶  スタッフ紹介  プライバシーポリシー  免責事項  お問い合わせ  交通アクセス  サイトマップ  リンク

 TOP>特定健診
 
 健診をご希望の方へ
 
 健診までの流れ
 
 MEDOCの担当医師
 
 企業健診
 
 特定健診
 
 生活習慣病健診
 
 乳がん検診
 
 子宮がん検診
 
 人間ドック
 
 レディースドック
 
 脳ドック
 
 ミニ人間ドック
 
 CTスキャンドック
 
 その他の健診
 
 胃 内視鏡検査
 
 オプション検査
 
 腫瘍マーカー
 
 健診コース/料金
 
 横浜市のがん検診
 
 ご予約
 
 健診前の注意事項
 
 MEDOCの検査設備
 
 健診結果の見方
 
 検査基準数値と解説
 
 採用情報
 
 スタッフBlog
 
 お客様の声
 
 
横浜日吉健診センター MEDOC
特定健診

◆特定健診◆
マスコミなどで取り上げられているメタボリックシンドロームという言葉は、
皆さんもお聞きになったことがあると思います。
今回新たに義務付けられる特定健診というのは、このメタボリックシンドロームの健診が
2008年4月から国民や企業に義務付けられるということです。
対象となるのは、年齢が満40歳から74歳までの全保険者と、その家族(被保険者)です。
この健康診査でメタボリックシンドロームの診断基準に該当した方は、
その基準値のレベルに応じて特定保健指導を受けなければならなくなり、
その特定保健指導にかかる費用は、企業負担もしくは個人負担となります。
 
◆国の政策と動き◆
特定健診(特定健康診査)というのは、今回、国が決めた制度です。
その背景にあるのは、昨今の三大成人病や疾病などの原因ともいわれる、
このメタボリックシンドロームという社会問題化している疾病に対して、
注意喚起していくと同時にメタボリック予備軍も含めた
予防的政策として打ち出されたものです。
これらのメタボリック対象者とその予備軍も含めて、健康促進を打ち出し、
国民全体の健康を向上させることにより、医療費を抑制するためのものなのです。
国はこの特定健診(特定健康診査)と特定健康指導を
新たな健康維持政策として打ち出すにあたって、
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の患者数を
平成24年までに25%の削減を目指しているのです。
しかし残念なことに現在までの受診率は非常に低く今後の大きな課題となっています。
 
◆特定健診の対象◆
満40歳から74歳までの方々は全員が特定健診(特定健康診査)の受診が義務付けられますので
社会保険や国民健康保険の対象者全員がこの健診を受けていただくことになります。
対象人口は全国で約5,600万人といわれています。
 
◆MEDOCにおける特定健診◆
MEDOCでは特定健診の受診にあたり個別にお問い合わせを受け付けております。
個別にお伺いする理由としては行政機関によってもそれぞれ異なり、
その内容を確認する必要があるからです。
つきましては受診をご希望の方はMEDOCスタッフまでお問い合わせください。
 
◆横浜市 特定健診について◆
MEDOCでは、横浜市の特定健診も受付けております。
該当となる方はご予約の際に、横浜市特定健診でお申し込みください。
パソコン用ご予約フォーム
携帯電話用ご予約フォーム
 
 
Copyright (c) 2011- 横浜日吉健診センター MEDOC, All Rights Reserved.